会社情報

株式会社 Vino Science Japan

〒210-0855
神奈川県川崎市川崎区南渡田町1-1
JFE京浜ビル KSP-Think R06

TEL&FAX|044-355-2211


発酵ぶどう食品K-FGFとは・・・

 ぶどうファンタジーとは・・・

発酵ぶどう食品(K-FGF)は甲州種ぶどうの果皮・種子ペーストを植物性乳酸菌で発酵したものであり、果皮や種子由来のポリフェノール、カロテノイド、テルペノイドなどのファイトケミカルズ、そして食物繊維が多く含まれています。

ワイン発酵後の搾りかすの種子エキス、野ぶどうから抽出したエキスとは異なり、甲州種ぶどうの果皮と種子の成分を丸ごと、乳酸菌の酵素の力でパワーアップした発酵食品です。

発酵ぶどう食品(K-FGF)は動物実験で研究した豊富な抗炎症作用のエビデンスがあります。例えば、花粉症などのアレルギー疾患、2型糖尿病、潰瘍性大腸炎、紫外線による皮膚の炎症、関節リウマチなどの動物モデルでK-FGFが抑制作用を示すことを複数の外国誌に論文を発表しています。

発酵ぶどう食品(K-FGF)は、甲州種ぶどうの果皮・種子を植物性乳酸菌で発酵した食品です。K-FGFの抗炎症作用は、動物実験などで効果を確かめていますが、食品であり、治療薬ではありません。

発酵ぶどう食品K-FGFの急性毒性や変異原性についてテストし、問題がないことを確かめてあります。


「ぶどうファンタジー」とは・・・

 ぶどうファンタジーとは・・・

「ぶどうファンタジー」は甲州種ぶどうの果皮・種子ペーストを植物性乳酸菌で発酵した、発酵ぶどう食品(K-FGF)を錠剤にしたものです。

1粒300mg中にK-FGFの粉末225mgが含まれています。残り75mgは錠剤にするために一般的に使用されている成分です。

1袋に90錠入っています。

税込み1袋5400円です。送料は弊社が負担しております。

ぶどうファンタジーは甲州種ぶどうの果皮・種子を植物性乳酸菌で発酵した発酵ぶどう食品(K-FGF)を原料とした食品です。

間質性肺炎は肺の慢性炎症です。多くの間質性肺炎の患者様に「ぶどうファンタジー」をご愛用戴いています。

花粉症の季節になると、長年「ぶどうファンタジー」を飲んでいるせいか「症状が軽くすんでいる」という連絡を多くの方から戴いています。「ぶどうファンタジー」の主成分であるK-FGFの抗アレルギー作用は海外の雑誌で発表しています。蕁麻疹のある方からも痒みが軽快したという連絡を戴いています。

「健康への切符」とは・・・

 ぶどうファンタジーとは・・・

発酵ぶどう食品K-FGFを基本にした「ぶどうファンタジー」にさらにGABA(γ―アミノ酪酸)を加えて、with コロナのストレス社会向けに作った商品です。

1粒にGABAが10mg含まれています。このためK-FGFの含量は215mgになっています。

ストレスがかかると交感神経優位になり、ストレスが掛かりすぎると糖漏れ症候群(リーキーガット)になり易くなります。GABAは副交感神経優位になる手助けをしています。

睡眠を高めるメラトニンと一緒に副交感神経優位な生活への手助けです。

ストレス社会に生きる!新型コロナウイルス感染症COVID-19でストレスが溜まっています。動物実験で抗炎症作用が認められている発酵ぶどう食品(K-FGF)にGABA(γアミノ酪酸)が入っています。GABAが腸管の細胞に働き健康に役立つことを期待しています。


自然免疫とは・・・


 ぶどうファンタジーとは・・・

「免疫力アップ」とよくいいますが、「免疫力」とは何でしょう?

免疫は自然免疫と獲得免疫の二種類からなり、新型コロナウイルス感染症では、自然免疫によって排除される場合と獲得免疫の抗体やT細胞によって排除される場合とに分けられます。

自然免疫では、補体、抗菌ペプチド、インターフェロン、ナチュラルキラー(NK)細胞など、糖鎖、糖たんぱく質など自分とは異なるパターンを持った構造を異物と認識して反応します。また、食細胞の好中球やマクロファージも働きます。ウイルスが付着しても、侵入できなければ感染が成立しません。初期の炎症は病原体の排除に必須の反応です。

しかし、肥満、糖尿病、動脈硬化などの基礎疾患があると絶えず炎症反応が起きて免疫系を刺激しています。こういった状況では、サイトカイン嵐が起こり、いわゆる敗血症性ショックが誘導され易くなります。

「免疫力アップ!」ではなく、「免疫のバランス」を整えることが大事です。このために、ビタミンDの摂取やファイトケミカルズの摂取でバランスを整えることが大事です。


慢性炎症とは・・・


 ぶどうファンタジーとは・・・

炎症は病原体から身を守る防御システムですが、炎症が持続的に続くと「慢性炎症」となり、色々な病気の原因となります。

炎症は悪玉サイトカインのTNF-αなどの働きで起こります。「TNF-α」が持続的に作られることで、種々の炎症性疾患が誘導されます。

肥満になると「TNF-α」が持続的に作られ、高血圧、動脈硬化、2型糖尿病、脂質異常症になり易くなります。動脈硬化は血管の炎症ですが、心疾患・脳疾患の原因になります。関節の炎症であるリウマチ、腸の炎症である炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)、肺の炎症である間質性肺炎・COPD。神経の炎症であるアルツハイマー・パーキンソン病も慢性炎症です。がんは最大の慢性炎症です。

タンパク質に糖が結合した「糖化タンパク質」の一つに、糖尿病のヘモグロビンHbA1cがあります。皮膚の「しみ・くすみ」は、皮膚のタンパク質に糖が結合した「糖化タンパク質」によって起こる炎症の一つです。

タンパク質と糖が結合した「糖化タンパク質」は、悪玉サイトカインである「TNF-α」作りを促し、炎症を引き起こします。「TNF-α」が持続的に作られることで、老化が促進されます。

K-FGFの主成分の一つである、オレアノール酸は胆汁酸の受容体TGR5に結合し、胆汁酸と同じように腸の蠕動運動を高め便秘になるのを防ぎます。胆汁酸と水溶性食物繊維を組み合わせた効果についてNHKの番組で紹介しています。

トピックス

よみうりカルチャー恵比寿の「Withコロナ時代の食と健康」というテーマで10月からスタートします。新型コロナウイルスも含め、感染症に対する免疫学の基礎から話をします。自然免疫の力を高める対策や病気の原因である慢性炎症について、「食から考える健康」について話をします。

新着ニュース

2020.9.23 ぶどう果皮・種子エキスに関する最新情報をアップしました。 詳細は「新着情報」のページへ 

 2020.9.23  甲州発酵ぶどう食品(K-FGF)の情報をアップしました。 詳細は「学術情報」のページへ

 2020.9.23  青春出版社から熊沢義雄著「ガン、動脈硬化、糖尿病、老化の根本原因《慢性炎症》を抑えなさい」(青春新書プレイブックス)が出版されました。税込1,080円です。ママゾンで購入できます。

 2020.9.23 「新型コロナウイルスの正体に迫る!重症化のカギは肥満と慢性炎症!」という記事を「健康365」の9月号に掲載されました。

2020.7.29 2015.11.26にホームページを立ち上げましたが、リニューアルしました。今後とも株式会社 Vino Science Japanをよろしくお願いします。

無料お試しキャンペーン
無料お試しキャンペーン
無料お試しキャンペーン

ぶどうには腸の運動を活発にする成分が含まれています。

腸の運動が活発過ぎると下痢になります。下痢を伴う症状を持つ方はぶどうファンタジーを飲むと下痢が酷くなる場合があります。その場合は服用を中止して様子をみてください。

ピックアップ商品紹介

無料お試しキャンペーン
学術情報

FGF(発酵ぶどう食品)に関する学術的情報・Vino Science Japan(VSJ)は裏付けされたデータのもと安心で安全な健康食品を開発しています。

 more >